HOME - 病院のご案内 - ご意見箱について - サイトマップ
外来のご案内
診療のご案内
入院のご案内
健診のご案内
交通のご案内
地域医療連携室
看護部
外来診療担当医表
上福岡総合病院

 
 

新棟改築

上福岡総合病院では、地域の基幹病院として、今まで以上により良い医療の提供と

 

患者様にとって快適で最適な医療をご提供できるよう病院改築をすることとなりました。

 

新棟完成は、平成28年5月を予定しており、グランドオープンは平成29年5月を予定

 

しております。

 

患者様・地域住民の方々には、ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力を

 

お願い申し上げます。

 

【地鎮祭】

 

 

 

 

        

 

4月27日地鎮祭を行いました。

 

            

 

【工事の内容】

 

 

抗工事

 

・建物の重量を支える硬い地盤まで、鉄筋コンクリート製の杭を埋め込む工事 です。

 

・上福岡総合病院の新棟建設工事においては、太さ60cmから90cmまでの

 様々な杭を合計48本、地中12mの深さの地盤まで埋め込む工事をおこなって います。

 

 

 

 

 

コンクリート工事

 

・1階の床部分のコンクリート工事が完了しました。

 

・新棟の1階には、総合受付や外来の診察室ができる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

立柱式

・平成27年10月15日、鉄骨工事の開始に伴い、工事の安全を祈願

 して立柱式(りっちゅうしき)を行いました。

 

 

 

 

 

 

鉄骨工事

 

・建物の骨組みとなる鉄骨を組立てる工事です。

 

・まずは、1階と2階部分の柱と梁の鉄骨を、大きなクレーン車を

 使って組立てていきます。

 

 

 

前景(南面)

 

 ・市道80号線から見た新棟です。

 

 ・4月ごろには外部の足場が取り払われて、新棟の外観が

  お目見えします。

 

 

 

 

 全景(北側)

 

  ・和光富士見バイパス側から見た新棟です。

 

  ・正面から見たイメージとは違って階段状の建物です。

 

 

 

 

 内装工事・設備・電気工事

 

  ・建物の循環器や呼吸器系統となる設備工事、神経系統となる

   電気工事を行っています。

 

 

 

 

 

 アルミサッシの取付け

 

  ・外壁には自然の光をたくさん取り入れるため、大きなアルミ

   サッシが取り付けられます。

  ・ガラスは、環境に配慮するために複層ガラスを使用しています。

 

 

 

 

外観ALCパネルの取付け

 

  ・建物の外観には、ACLパネルと言って工場で製造された

   軽量コンクリート板を取り付けています。

   ACLは耐火や断熱に優れた材料で様々な建物に使われて

   います。

 

 

 

 

 屋上の機械基礎

 

  ・建物の屋上には設備や電気の機械がたくさん設置されます。

   それらを支えるための基礎が出来上がったところです。

 

  ・屋上の機械は、アルミ製のルーバーで周囲を囲い、地上からは

   見えないようにデザイン的な配慮がされています。

 

 

 

 

 

 
医療法人誠寿会上福岡総合病院

ご挨拶|病院紹介|病院の理念沿革|施設概要|個人情報保護方針

 

Copyright(C)2009KAMIFUKUOKA General Hospital. All rights reserved.
Photo by N.Nukui.

お問合せ:049-266-0111
mobile