HOME - 病院のご案内 - ご意見箱について - サイトマップ
外来のご案内
診療のご案内
入院のご案内
健診のご案内
交通のご案内
地域医療連携室
看護部
外来診療担当医表

上福岡総合病院

 

人工透析のご紹介

当院には現在人工透析用ベッドを12床有し、約48名の患者様の血液透析を担当し、オンラインHDFを行うなど患者様のQOLの向上にも努めています。

入院透析にも対応しており、血漿交換や血液吸着などの血液浄化療法も行っています。

また、透析患者さまの合併症に対して、当院各診療科・県内の大学病院や総合病院・クリニックなど他の医療機関とも連携し早期発見・早期治療に努めております。

 

 

全ベッドに液晶テレビを設置しています。

患者様が透析時間を快適に過ごせるよう全ベッドに透析ベッド用液晶テレビを

設置しています。

 

 

 

オンラインHDFを行っています。

オンラインHDFon-line HDF)とは、透析液供給装置より送液される透析液を置換液として使用した血液透析濾過法です。人の腎臓の働きにより近づいた血液浄化法で、通常の血液透析(HD)に濾過(F)を加えています。オンラインHDFでは、透析液を用いて血液透析と濾過を行います。

高度に清浄化された透析液と生体適合性のよい高性能(血液透析器)ダイアライザーを用いますので、炎症反応が起こりにくく、手根管症候群などのアミロイド沈着による透析合併症を予防します。

 

オンラインHDFで期待できる臨床効果

オンラインHDFは通常の血液透析では除去困難な分子量の大きな尿毒素や蛋白結合性尿毒素の除去に優れ、透析アミロイド症による関節痛、

イライラ感、不眠、食欲不振、貧血などの改善効果が期待されます。

  • 貧血の改善
    エリスロポイエチン阻害物質の除去や赤血球寿命の延長効果によって腎性貧血の改善効果が期待できます。
  • 栄養状態の改善
    体内で有用なアミノ酸の漏出の抑制や食欲抑制物質(レプチン)などが除去され栄養状態が改善されるとの報告もあります。
  • 透析中の血圧安定が期待できます。
    透析中に血圧が下がりにくくなる効果も期待できます。また、普段の血圧が安定し降圧剤を減量する効果が期待できます。

 

 

無料送迎バスを運行しています。

送迎をご希望の患者様には、ご自宅から病院まで送迎をしています。

送迎エリアは主に、ふじみ野市・富士見市・三芳町・川越市になっています。

その他のエリアにお住まいの方はご相談ください。

 

 

 

入院透析・通院透析どちらにも対応可能です。

通院維持透析はもちろん、入院透析に関しても合併症などの治療と並行し透析治療も行っています。

 

 

随時透析を受付しております。

当院での人工透析室では、安心で快適な透析医療を提供し、地域医療に貢献できるよう

日々、スタッフ一同一丸となって取り組んでおります。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

Copyright(C)2009KAMIFUKUOKA General Hospital. All rights reserved.
Photo by N.Nukui.

お問合せ:049-266-0111
mobile