内痔核外来

痔の種類

日本人の3人に1人は痔で悩んでいるといわれています。
痔には大きく分けて「いぼ痔(痔核)」、「切れ痔(裂肛)」、「あな痔(痔ろう)」に分けられていますが、それぞれ症状は異なります。

  • 〈いぼ痔〉おしりの血行が悪くなり、血管の一部がこぶ状になった状態です
  • 〈切れ痔〉肛門の皮膚が切れたり裂けたりした状態です
  • 〈あな痔〉肛門の周りに膿がたまって、外に流れ出るトンネルが出来た状態です

痔の患者さんの中でもっとも割合が多いのは「いぼ痔(痔核)」です。
いぼ痔はさらに、直腸側にできる「内痔核」と肛門側にできる「外痔核」に分けられます。
当院では排便時、あるいは普段からイボが出たままになっているような「脱出を伴う内痔核」に対して、切らずに注射(ジオン注)による治療(アルタ療法)を積極的に行っております。

新しい内痔核硬化療法剤

本剤による治療では、有効成分を痔核内に投与することにより痔核を硬化/退縮させます。この方法は、従来より手術適応である「脱出する内痔核」についても効果があり、新たな痔核治療の選択肢の一つとして最近加わりました。

注射療法による治療のため、内痔核を切らずに脱出と出血を治療します。
痔核を切り取る手術と違って痔核の痛みを感じない部分に注射するため、「傷口から出血する」、「傷口が痛む」といった患者さんの身体的・精神的な負担が軽減されます。また、入院期間も短縮でき、社会生活への早期復帰が期待できます。

本剤での治療

「四段階注射法」という特殊な手法で投与されます。
この治療法は高度な技術を要するため、現在では「当手技に関する講習会を受けた専門医の登録施設」においてのみ治療が実施されています。
また、患者さんの状態によっては本剤が使用できない場合がございます。詳しくは、当院外科でご相談ください。

一般的な治療の流れ

本剤を、ひとつの痔核に対して4か所に分割して投与します。
複数の痔核がある場合には、それぞれに投与されます。

投与後しばらく点滴を続け、麻酔の影響がなくなるまで安静にします。

患部投与後の変化(1 週間から1ヶ月)
投与後の早い時期に痔核へ流れ込む血液の量が減り出血が止まります。脱出の程度も軽くなります。投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して脱出がみられなくなります。

休診代診

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

9月20日(木) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 喜多村 陽一 午前 休診
10月13日(土) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 時任 史聡 全日 休診
10月18日(木) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 時任 史聡 全日 休診
10月20日(土) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 時任 史聡 全日 休診
10月25日(木) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 松下 典正 全日 休診
10月27日(土) 外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来 松下 典正 全日 休診

所属医師

理事長・院長、東京女子医大非常勤講師、埼玉医科大学非常勤講師
井上 達夫(イノウエ タツオ)

外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、皮膚科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来

認定資格 医学博士
日本外科学会外科指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器外科指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 暫定教育医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本医師会認定 産業医 
労働安全衛生コンサルタント
東入間警察署 監察医 健康管理医
肢体不自由指定医(身体障害者福祉法第15条)
腎臓機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条)
ぼうこう・直腸・小腸機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条)
マンモグラフィ読影医

名誉院長
喜多村 陽一(キタムラ ヨウイチ)

外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来

所属など 日本外科学会(認定医)
日本臨床外科学会(評議員)
日本癌治療学会(評議員)
日本消化器疾患研究会(監事)
認定資格 医学博士

外科部長、埼玉医科大学非常勤講師
須藤 泰裕(スドウ ヤスヒロ)

外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来

所属など 日本内視鏡外科学会(評議員)
日本臨床外科学会(評議員)
日本胃癌学会
日本腹部救急医学会
日本癌治療学会
日本大腸肛門病学会
認定資格 医学博士
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本内視鏡外科学会・技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
ぼうこう・直腸・小腸機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条)
マンモグラフィ読影医(AS)

窪田 猛(クボタ タケシ)

外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来

認定資格 日本外科学会外科専門医

内視鏡治療センター センター長
松下 典正(マツシタ ノリマサ)

外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来

認定資格 医学博士
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本消化器病学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
ALTA療法認定医
ぼうこう・直腸・小腸機能障害指定医(身体障害者福祉法第15条)
難病指定医
アメリカH.Lee Moffitt Cancer Center and Research Institute fellow修了
東京女子医科大学大学院医学博士課程修了

時任 史聡(トキトウ フミアキ)

外科系、外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、内視鏡治療センター、ソケイヘルニア外来、内痔核外来

専門外来・センター