形成外科

形成外科とは、主に体の表面にある病気や怪我の治療を行います。
日常よくある「切った・ぶつけた」などにより怪我をしてしまいできた傷(新鮮外傷)・熱傷・顔面の外傷・皮膚の外科(粉瘤・脂肪腫などの皮膚腫瘍、また肥厚性瘢痕・ケロイドなど)を主に扱っております。

特長

形成外科は、内臓器を包んでいる皮膚や皮下軟部組織(脂肪組織や筋肉など)に生じた怪我や異常を治療する外科系の専門領域です。
組織移植などの外科的治療と創傷治癒の理論を実践することで、形態・機能の再建や向上を図っている科です。

一般の外科では敬遠される、顔面や手指など人目につきやすい部位に負ってしまった傷などの処置・手術を対象とすることが多いことも特徴です。

診療方針と治療内容

小さい皮膚腫瘍などは外来手術(日帰り手術)にて対応しており近隣の診療所からも数多くご紹介していただいております、比較的大きな手術や継続した処置が必要な状態では入院による治療で対応させていただいております。



陰圧創傷治療

足の治りにくい傷や床ずれ(褥瘡)など、なかなか皮膚(肉芽)が上がりにくいところには、主に入院患者を対象に陰圧創傷治療を行っております。
傷に適度な吸引処置することにより、良好な皮膚の土台を作り、傷をきれいに小さく平らにすることが出来ます。

ほくろやいぼの治療

当院では、盛り上がったほくろやいぼの治療に適している炭酸ガス(co2)レーザーを用いた治療を行っております。
自費診療となるため、適応であるかを判断し十分にご納得していただいてから、施術を受けていただきます。

対象とするおもな病気や体の部位

当院では主に下記が対象となります。

  • 皮膚難治性潰瘍、床ずれ(褥瘡)
  • やけど(熱傷)
  • 皮膚の外科(粉瘤・脂肪腫などの皮膚腫瘍)
  • 肥厚性瘢痕・ケロイド
  • 巻き爪など

人員や施設設備に限りがあるため、より高度な疾患に対しては近隣大学病院などにご紹介させていただくことがあります。

受診時のアドバイス

小さい皮膚腫瘍や巻き爪などは外来手術(局所麻酔での日帰り手術)にて対応しております。
外来手術をご希望される方は一度外来を受診して頂き診察・説明の後に手術日を決定します。

刺青切除、また美容外科などは行っておりません。

担当医表

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

薬丸 洋秋

呉屋 圭一

呉屋 圭一

午後

呉屋 圭一

呉屋 圭一

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

所属医師

呉屋 圭一(ゴヤ ケイイチ)

形成外科

診療科