麻酔科

麻酔とは、手術に伴う苦痛を取り除くだけでなく、手術侵襲による身体への悪影響を出来るだけ少なくするように、全身の状態を観察し、適切な対応を行うことです。
麻酔には、麻酔局所麻酔、静脈麻酔、脊髄くも膜下麻酔、硬膜外麻酔、全身麻酔などがあり、手術内容や患者さんの全身状態に応じて麻酔方法を選択します。

麻酔中は、循環・呼吸、麻酔状態をモニターし、安全に手術・麻酔が行われるように、全身管理を行います。

特長

当院では、年間約1000例の手術が行われております。このうち、局所麻酔で行われる手術を除いた大半の症例、600例余りに対し、麻酔科医が麻酔管理を行っております。
当院は,日本麻酔科学会が認定する認定病院です。麻酔科専門医の資格を有する常勤の麻酔科医師1名と非常勤医師数名が麻酔を担当し、より安全に手術を受けられ、より痛みの少ない術後をおくれる麻酔管理を目指しています。

また、土曜日は,腰のヘルニア・脊椎管狭窄症・帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛・頭痛などの痛みの治療(ペインクリニック)を行っています。

対象とするおもな病気や体の部位

外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、形成外科の手術に際し、麻酔管理を行っています。

受診時のアドバイス

手術を受けられる患者さんは、いろいろな不安がおありかと思います。その不安を少しでも軽減し、最高の手術結果が得られるよう、手術を行う医師や手術室のスタッフと協力して質の高い安全な麻酔を提供することが麻酔科の役割です。

ご質問などありましたら、麻酔科医までお申し出ください。

休診代診

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

12月15日(土) 麻酔科 川久保 篤 全日 休診

所属医師

麻酔科部長
川久保 篤(カワクボ アツシ)

麻酔科

認定資格 日本麻酔科学会専門医
麻酔科標榜医
医学博士

診療科